Country living in Kashima

Want to study this episode as a lesson on LingQ? Give it a try!

S : こんばん は 、 エマ さん 。

エマ : こんばん は 。

こんにちは 、 です よ ね 、 日本 は 。

S : です よ ね 。

いつも 自分 が いる その 、 な んです か 、 環境 が 、 これ が 全部 、 これ が 全部 だ 、 みんな 夜 、 世界中 は 夜 、 そう じゃ ない んです ね 。

今 、 日本 は 何 時 です か ?

エマ :1 時 です 。

午後 1 時 です ね 。

S : 今 、 日本 だ から 日本 は 冬 です から 、 日本 の 冬 は もう 毎日 晴れて ます ね 。

エマ : そうです ね 、 比較的 晴れて ます ね 。

S : 今日 は どう です か ?

エマ : 今日 も 晴れて ます 。

S : 温度 は ?

エマ : 温度 は ね ー 、 たぶん 、 今日 は 結構 寒くて たぶん 5 度 と か 4 度 と か なん です けど 。

一 週間 くらい 前 は なんか 雪 が 降り ました 。

S : そう です か 。

場所 は どこ です か ?

エマ さん 、 エマ : 茨城 な んです けど 、 私 が 住んで る ところ は 海 の まん 前 なんで ほとんど 雪 が 降ら ない 地域 な んです けど 。

s : 何て いう 町 です か ?

エマ : かしま です 。

S : かしま 、 かしま 。

私 、 東京 に 去年 住んで た んです けど 、 えー っと ね ー 、 かしま 、 日立 と か そこ まで じゃ ない んです ね 。

エマ : あ 、 そんな 北 じゃ ないで すね 、 もっと 南 の ほう です 。

S : わかり ました 。

で 、 エマ さん は どういう 趣味 を お 持ち です か ?

何 が 一 番 好きな 趣味 と いう か 、 興味 な んです か ?

エマ : 今 は です ね 、 庭 が 、 けっこう 広い 庭 が ある んです けど 、 まだ 家 を 建てた ばっかりで あんまり 庭 が 整備 さ れて ない んです ね 。

だから 週 末 と か 時間 が ある と 必ず 庭 に でて 、 ガーデニング を して ます 。

S : 家 を 建てた ばかり と いい ます と いつ でき ました か ?

エマ : えー っと ね 、 去年 です 。

それ まで は 東京 に 暮らして た んです けど 、 もう 都会 が いやに なった んで 引っ越して き ました 。

S : あの 、 おめでとう ございます 。

エマ : ありがとう ございます 。

S : この 家 は 一戸建て の 庭 付き の 家 です か ?

エマ : はい 、 そうです 。

S : 広 さ は どれ くらい あり ます か ?

エマ : 広 さ は 、 日本 って 平方 メートル で 土地 と か 表さ ない ので ちょっと よく わから ない んです けど 。

S : 何 坪 です か ?

エマ : 坪 で いい です か ?

S : ええ 、 坪 で いい です よ 。

エマ :250 坪 、 土地 が 。

S : あ 、 土地 が 250 坪 。

で 、 家 の 面積 、 その 家 の 建て 面積 と いい ます か 。

エマ :1 階 2 階 あわせて 60 坪 くらい です 。

S :60 坪 です から 、3.3 平米 でしょ 、 私 の 記憶 で は 。

エマ : 確か その くらい だ と 思い ます 。

S : そんな もん でしょ 。

だから 200 平米 に 近い です か ね 。

いやいや 、200 平米 って 1 階 2 階 あわせて 60 坪 。

エマ :60 坪 です 、 はい 。

S : あの 、 建物 の 、 住む スペース が 。

居住 面積 が 。

それ が 、 だいたい 200 平米 。

エマ : そうです ね 、 はい 。

S : 結構 広い です ね 。

エマ : そうです ね 、 田舎 なんで 広い です 。

S : そして この 家 は 木造 です か ?

プレハブ です か ?

エマ : 木造 です 。

S : よかった です ね 。

もし それ が 鉄 と か コンクリ だったら 私 は この 話 は たぶん ここ で おしまい です 。

私 は 木造 業界 です から 。

エマ : そうです よ ね 。

S : そして 、 庭 も 結構 広い です か ?

エマ : 広い です ね 。

庭 は だ から 、250 坪 で 、60 坪 が 家 なんで 。

広い です ね 。 S : 庭 に は どういう 植物 を 、 どう いい ます か 、 植えて ます か ?

エマ : 本当に 引っ越して きた とき は もう なんにも ない ただ の 砂 だった んです けど 、 この 1 年 くらい で 、 えっ と 、 何 を 植えた か なぁ 、 イチジク と か 、 基本 的に 食べ られる もの を 植えて ます ね 。

梅 と か 、 月桂樹 と か 、 ブラックベリー 、 ブルーベリー 。

S : ブラックベリー 、 植える んです か ?

エマ : 植え ました 。

S : 野生 に 嫌がる くらい な あれ です よ 、 ブラックベリー は 。

エマ : ないで すよ 、 ここ ら 辺 は 、 全然 。

で 、 ワイン と か に 入れて 飲む の が 好きだった んで 、 昔 。

だから 植え ました 。

S : ブラックベリー を 拾って ワイン に 入れて 飲む わけです か ?

エマ : ワイン に 入れて 飲む と すごい 高級 感 が あって 幸せな 気分 に なれる んです 。

S : それ も いい 、 それ は これ から やり ます よ 。

これ は いい 考え です ね 。

うち の 庭 に ね 、 ブラックベリー が 攻めて くる んです よ 。

しょうがない んです よ 。

それ を 私 が 広い に 行って 、 そして 家内 が ジャム を 作る んです よ 。

エマ : あ 、 ジャム も いい です よ ね 。

S : で 、 ご 主人 は 毎日 東京 に 通勤 する わけです か ?

エマ : えっ と ね ー 、 しばらく は 通勤 して た んです けど 、 やっぱり 疲れちゃ って 、 で 、 仕事 を やめて 、 家 から 通える ところ に し ました 。

S : そう です か 、 エマ : はい 。

S : それ いい です ね 。

エマ : そう 、 だから 今 は もう 9 時 に 家 を 出て って 5 時 に 帰って くる 、 みたいな 健康 的な 生活 です ね 。

S : いい です ね 。

私 も 日本 に 去年 住んで ました けど 、 それ だけ は 私 は たぶん でき ない と 思い ます 。

その サラリーマン の 生活 です 。

2 時間 会社 へ 行って です ね 、 通勤 時間 、 で また 帰り も 2 時間 、 それ は 無理 。

エマ : 前 は そう だった んです よ 。

S : それ は もう 無理 、 それ だったら もう 農家 に なって も いい し 、 田舎 の 町 の こじき に なって も いい です から 。

それ は 無理です 。

エマ : 私 も そう 思い ます 。

S : そう です か 、 で 、 いい 仕事 を 見つかり ました か ?

ご 主人 。

エマ : そうです ね 、 今 は なんか やりがい が ある みたいで 楽しんで やって ます 。

エマ : まだ はじめた ばっかりで いろいろ 大変な こと も ある みたいな んです けど 、 でも 楽しんで ます 。

S : そして ?

です から 、 隣 の 人 と の 関係 、 新しい 隣 の 人 と の 関係 、 友達 を 作る こと は 難しい です か ?

エマ : そうです ね 、 あまり ね 、 人 が 住んで ない んです よ 。

周り に 。

すごい 田舎 なんで 。

何 人 か 、 犬 の 散歩 と かして 、 犬 友達 って いう んです か 、 犬 同士 が 仲良く なる と 立ち話 と かする 人 は いる んです けど 、 みんな 結構 年 が 上 な んです ね 、50 代 くらい の 方 ばかり な ので 。

友達 って いう 友達 は あまり でき ないで すね 。

S : で 、 犬 は 何 匹 お 持ち です か ?

エマ : 犬 は 4 匹 です 、 今 。

すごい です ね 。

S : それ は 、 犬 を 買った わけです か ?

どういう 風 に 4 匹 の 犬 を ?

エマ : 犬 は ずっと 欲しい な ー って 思って た んです よ 。

で 、 ある 日 、 母 と 電話 して て 、 外 を 見たら 、 犬 が いた んです 、 一 匹 。

で 、 かわいそうだ から 、 まだ 2 ヶ月 くらい の ちっちゃ い 子 だった んで 、 飼って あげる こと に して 、 で 、 その 子 を 連れて 散歩 に 行って たら 他の 犬 と 会って 、 その 子 も また 捨て 犬 だった んで 、 また その 子 も 連れて 帰って きた んです よ 。

で 、 そう 、2 匹 が いい と 思って 、 その 2 匹 を 育てよう と 思って た んです けど 、 その うち の 一 匹 が ど っか に いって 、 帰って きた とき に その 子 の 家族 を 、 全員 連れて きて 、 で 5 匹 に なっちゃ った んです ね 。

5 匹 は 、 でも しょうがない から と 思って 飼って た んだ けど 一 匹 い なく なっちゃ って 、 今 は 4 匹 な んです 。

S : どういう 種類 の 犬 です か ?

エマ : 雑種 です ね 、 みんな 中型 犬 か 、 ちょっと 大型 犬 か って いう くらい の 大き さ の 。

S : 見つかった とき に です ね 、 この 犬 の 健康 状況 は どんな もの でした か ?

エマ : やせて た んです けど 、 やっぱり ご飯 食べ れ なかった んで 、 でも 目 も きれい だった し 、 どこ も 汚い ところ が なかった ので 、 健康 でした 。

S : 日本 の 犬 は ご飯 を 食べ ます か ?

エマ : え ?

S : 日本 の 犬 は ご飯 です か ?

エマ : ご飯 ?

え ? 何 ? どういう こと ?

S : ご飯 じゃ ない んです か ?

米 じゃ ない んです か ?

エマ : お 米 と か 、 そういう ご飯 を あげる 家庭 も たぶん ある と 思う んです けど うち は ドッグフード だけ です 。

S : エマ さん が ね 、 ご飯 を 食べて ない を おっしゃった から 、 おもしろくて 、 あぁ 、 なるほど ね 、 日本 の 犬 は ご飯 を 食べる 。

エマ : ご飯 を 食べ ます 。

S : 漬物 と 。

エマ : お 味噌汁 と 、 S : お すし も 。

そう です か 、 わかり ました 、 面白い です ね 。

で 、 今 の 4 匹 です か 、 お互いに 、 仲 が いい です か ?

エマ : 仲 が いい です ね 。

ボス 犬 が ちゃんと 決まって る んで 。

その 下 で 順序 は ある みたいで 、 けんか は しない です 。

S : いい です ね 、 しかし 大変な お 仕事 でしょ 。

面倒 見る の は 。

エマ : 毎 朝晩 散歩 に 1 時間 行って る んで 、 それ だけ で 2 時間 。

ご飯 と かも あげ なきゃ 毛 が 結構 長い ので と いて あげ ない と 。

S : しかし 楽しい でしょ 。

エマ : 楽しい です ね 。

ほんと 犬 大好きな んで 。

S : わかり ました 。 うち の 息子 、 マーク が です ね 、 彼 の 家族 に 犬 1 匹 入り ました けど ね 、 で 、 マーク も 奥さん も 娘 、 息子 、 みんな で 面倒 みる んです けど 、 それ でも 大変 な 仕事 です よ 。

1 匹 だけ で 。

だから もう 4 匹 は すごい です ね 。

エマ : 幸せ か どう かわか ん ない んです けど 、 犬 に とって 。

S : なるほど 、 わかり ました 、 いろいろ 聞き ました 。

今 の い 家 も でき ました し 、 犬 も 4 匹 家族 の 仲 に はいり ました し 。

どうも 、 また ね 、 是非 、 また たずねて ね 、 お 話 聞き たい と 思い ます 。

ほんとに どうも 忙しい ところ ありがとう ございました 。 エマ : ありがとう ございます 。

Leave a Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s