Teaching Yourself Korean | Chat with Suzuka Okada

Want to study this episode as a lesson on LingQ? Give it a try!

In today’s episode of the Japanese LingQ Podcast Natsumi chats with Suzuka Okada, a Japanese woman who taught herself Korean.

伊藤 夏美 : 皆さん こんにちは ! LingQ ポッドキャスト へ ようこそ ! ホスト の 夏美 です 。 この チャンネル で は 様々な ゲスト を お呼び して 日本 語 で いろいろな トピック に ついて 話して いく ポッドキャスト です 。 もし この コンテンツ が 面白い と か よかったって こと が あれば シェア だったり like して 見て ください ! で 、 この コンテンツ を 使って LingQ 上 で 学習 コンテンツ と して も 勉強 できる ので 、 ぜひ 興味 が ある 方 は 見て みて ください !

はい 、 それでは 本日 の ゲスト を お呼び したい と 思います 。 本日 の ゲスト は 100% 日本 人

なんで す けど 韓国 が 韓国 人 以上 に ペラペラ な 岡田 涼 香 さん に 来て もらって います 。 涼 香 、

よろしく お 願い します ! 岡田 涼 香 : は ー い こんにちは ー 伊藤 夏美 : 今日 は ありがとう 。 実は 私 は 涼 香 と 同じ 高校 の 同級 生 で 、 で 大学 は 別の 大学 に お互い 進学 を して 、 で 大学 まで ずっと 彼女 日本 に いた んです けど その後 から 韓国 に ずっと 入っちゃって て 、 で 今 、 て 、 え 、

ちょっと だけ 日本 に 帰って きて います 。 なんで ちょっと あの 簡単に 自己 紹介 の 方 を お

願い します 。 岡田 涼 香 : はい 。 えー と 、

大学 の 4 年間 日本 に 通って 、 まあ 日本 育ち の 日本 前 の ずーっと 日本 人 で 、 よく 在 日 の 方 と 間違えられる こと も ある んです けど もう 全然 親 も 日本 人 の バリバリ 日本 人 な んです けど あんまり 日本 語 が 得意 は ない 涼 香 です ! よろしく お 願い します 。 伊藤 夏美 : よろしく お 願い します ! え 、 それ でも 本当に すごい の が 高校 生 の とき は そんなに

韓国 語 しゃべる イメージ なかった よ ね

岡田 涼 香 : そう ね 。 高校 の 時 は ホントに 全然 喋れ なかった し 、 なんか それ こそ 音楽 と か 聴いて 韓国 なんか ちょっと 興味 ある から 真似 して みて みたいな 感じ で ドラマ も 全然 字幕 が 無い と 全然 何 言って る か 分か ん ない 感じ だった か な 、 高校 の 時 は 。

伊藤 夏美 : でも なんか

高校 卒業 して 大学 行って その後 で は で 韓国 に 住み 始めて 、 で 私 も 一 回 、 あれ 、 彼女

を 、 あの 、 尋ね に 入った こと が 、 あれ 、 二 回 か ! あって 、 その 時 に 生活 して る の を 見て 本当に 全く 問題 なくて ぺらぺらに 喋って てって いう の を 見て 、 あ 、 すごい なって 思った

岡田 涼 香 : ありがとう

なんか 正直 それ こそ 大学 で 韓国 人 と か の 人 と 結構 交流 が 多かった しそ の とき に なんか やっぱり 韓国 語 めっちゃ 伸び た なって いう ふうに 思った の と 、 で その後 行って から は ほぼ 日本 を 使って なかった から ほぼ 逆転 しちゃって 日本 語 より 韓国 語 の ほう が 楽 かな ーって いう ような 状態 に まで 割と 持って いけた か な と いう 感じ だった か な 、 韓国 に いる 時 は 伊藤 夏美 : まず えっ韓国 語 を 勉強 した の は じゃあ 高校 生 ぐらい ? 岡田 涼 香 : 高校 の 時 に それ こそ 、 何て 言ったら 、 英語 と か で 言う ローマ字 です ね 、 ハングル の まず 記号 から 覚えた の が 初めて だった けど でも 高校 の 時 は ホントに 全然 勉強って いう ような 感じ じゃ なくて ただ 好きだ から 音楽 聞いて ドラマ 見て 映画 と か 見た か な 、 なんか そういう の して 、 みたいな 感じ で 大学 に なって から ちゃんと 文法 学び 始めて みて やる と いう 感じ だった かな 伊藤 夏美 : それ で ぺらぺらに なる の すごい なって 思って

岡田 涼 香 : いやで も なんか 私 も 分か ん ないで なんで なぜ 喋れる ように なった んだ と 思う けど 、 多分 費やした 時間 が 結構 長かった 。 韓国 語 ばっかり に なるって いう 時間 が 結構 多かった と 思う から 伊藤 夏美 : だって 韓国 に 行く 前 から もう 韓国 語 ぺらぺらだった もん ね

岡田 涼 香 : そうだ ね

伊藤 夏美 : 韓国 に 行ったら もう 仕事 みたいな

岡田 涼 香 : そうだ ね 。 韓国 行く 前 から も ほぼ TOPIKって いう 韓国 の 試験 が あった けど それ は もう 全然 上級 で 、 で ま ぁ 試験 も そう だった し 喋る の も 全然 苦 なく 、 苦 が なく いけた し 、 なんか 皆 結構 留学 し ない と 喋れ ない んじゃ ない か と か 結構 言う 人 多い けど 、 全然 留学 なし でも 環境 さえ 作っちゃ えっば 全然 喋ら れる ように なる と 思う 伊藤 夏美 : す ご ー い え 、 日本 語 と 韓国 語って グラマー 的に すごく 似て るって 言う けど 実際 やっぱり 発音 的 と が グラマー 的に 結構 日本 人 に とって は 簡単な の ? 岡田 涼 香 : そうだ ね 。 発音 に 関して は 日本 人 でき ない の が 結構 多い と 思う 、 逆に 。 だから …

伊藤 夏美 : 例えば ?

岡田 涼 香 : 例えば ね 、 えー と ね 、 日本 語 だ と 「 を 」 と か は さ 、 一 つ の 音 し かない じゃ ん

伊藤 夏美 : 「 を 」

岡田 涼 香 : 韓国 だ と 「 を 」 が 〔 韓国 語 〕 と 〔 韓国 語 〕 が ある んだ よ

伊藤 夏美 : 「 あ 」 と 「 お 」?

岡田 涼 香 : なんか 「 あ 」 と 「 お 」 の 間 の 〔 韓国 語 〕、 後 は 本当に 日本 語 と がっつ り 同じ 〔 韓国 語 〕「 お 」 が ある んだ よ 。 なんか そういう の と か 、 後 は r の 語尾 に 、 r 入る ような 発音 と か は 多分 日本 人 あまり でき なくて それ こそ 向こう であった 日本 の 人 で が 韓国 語 上手い けど 発音 が やっぱ ちょっと … みたいな 人 は 結構 見た かな 伊藤 夏美 : うーん

岡田 涼 香 : まあ 、 文法 的に は 助詞 が ちょっと 違ったり と か は 結構 ある から そういう ところ が ポイント で 覚え なきゃ いけない か な 。 例えば 日本 語 だ と 、「 なに な に 〇〇 に なりたい 」 だ けど 、 韓国 語 だ と 「 なに な に 〇〇 に 」 じゃ なくて 「 なに な に 〇〇 が なりたい 」 と か 、 そういう ちょっと した 差 と か が 比べる の は やっぱり 勉強 して 覚える 必要 が ある んじゃ ない か なって 思う ね 伊藤 夏美 : でも 結構 なんか 似た ような 単語 と か ある よ ね 、 図書 館 と か

岡田 涼 香 : そう そうそう 〔 韓国 語 〕 と かね

伊藤 夏美 : 調味料

岡田 涼 香 : そうそう 〔 韓国 語 〕 だ し 、 あと 鞄 と 〔 韓国 語 〕 だ し 、 結構 似て る の も 多い から とっつ き やすい と 思う 。 初めて やる 人 に 関して は 、 あれ なんか ちょっと やり やすい じゃ ん 、 みたいな 感じ で 思う の は 思う 。

伊藤 夏美 : うーん 。 でも 文化 的 と か その 人 の 感じ と して は やっぱり 韓国 と 日本 で なら すごい 欧 米 と か から 遠く から 見て る と 違う ように 思う けど やっぱり すごい 違う

岡田 涼 香 : なんだ ろ 、 最近 思った の が

なんか 結局 根本 ちょっと 違う な ここ な んじゃ ない か な と 思った の が オリンピック も あった じゃ ん 最近 。 で それ 見て 韓国 の 人 たち の 観戦 の 感じ を 見る と 選手 を 応援 するって いう より もう 愛国 心 が 強い 自分 の 国 頑張って みたいな の が 強み だ と 思って る 。 でも 日本 人って あんまり 愛国 心って いう の は あんまり ない んじゃ ない か なって いう の は

伊藤 夏美 : 確かに

岡田 涼 香 : そう なんか 日本 の 選手 頑張れ 、 みたいな 感じ だ けど なんか 韓国 は やっぱり 結構 そういう 愛国 心 みたいな 持って て でも 私 それ は 結構 いい んじゃ ない か な と 思って て 、 なんか その 自分 の 国 に 対する その 愛情って いう の が 結構 ある 人 が 多い なって いう ふうに は 感じる かな 伊藤 夏美 : なんか その 性格 的に も 、 なんだ ろ 、 その 話 も ちょっと だけ 韓国 人 の 女 の 友達 と か 男子 と か ちょっと 知って る 人 言う けど なんだ ろ 性格 的に も すごい きついって いう か 、 ドストレートって いう か 岡田 涼 香 : そう ね 、 強い 人 が 多い ね

伊藤 夏美 : 同じ アジア でも こんなに 違う んだって いう 岡田 涼 香 : 本当に 強い 人 多い と 思う 。 あの 日本 で 、 日本 でも さ 、 きつい 人 と か 強い 人 と か いっぱい いる けど 韓国 の 強い 人 と 比べたら もう 全然 なんとも ない みたいな 人 は 結構 いる んだ な と 思う ね 。 韓国 は やっぱ 強い ね 、 みんな 。 伊藤 夏美 : やっぱ そう な んだ 。 逆に 、 仕事 で 働いて た わけじゃ ん 。 その 時って やっぱり 自分 の 意見 を はっきり 言わ ない と 何 か 潰さ れちゃ う と か なんか 働 いって て 今 日本 で 働いて る と 思う から 逆に そこら へん は どんな 感じ な の ? 岡田 涼 香 : なんか ね 、 それ こそ 私 が 向こう に 行った 時 に 働いて た 場所 も 、 何 だろう 、 結構 女 世界 で 、 きつい 女 の 人 達 が たくさん 集まる ような 所 に いた から 余計 そう だ と 思う んだ けど

伊藤 夏美 : 強そう

岡田 涼 香 : 本当に あの 、 何も 言わ なかったら もうい ない と いっしょって 感じ で 、 自分 の 意見 言わ ない と もう あの カウント さ れ ない の よ ね 。 なんか そこ に いる と 思われて ない 、 みたいな 感じ だ から 自分 の 意見 を 言わ ない と 生き残れ ない 、 みたいな 感じ 伊藤 夏美 : じゃあ 逆に 、 その 意見 、 自分 の 意見 自体 が まあ 、 良い か 悪い か と か そういう の 前 に …

岡田 涼 香 : まあ それ も ある ね 。 なんか 全然 違う 話 を したら なんだ こいつ みたいな 感じ に なって

伊藤 夏美 : あー

岡田 涼 香 : で それ も なんだ こいつって なる だけ じゃ なくて 言わ れちゃ う 、 みたいな 。 なん です か 、 それ ? って 言わ れちゃ う けど 、 なんか 日本 で 働く と あんまり こう 意見 を 出し すぎて も 、 なんか それ は ちょっと 似て る と 思う 。 なんか 、 意見 出し 過ぎて もって いう 感じ だ けど 出さ ない と やっぱり ダメ だって 思わ れちゃ う 。 だけど なんか 、 なんだろう な 、 逆に 出しちゃ いけない 雰囲気 みたいな の は 日本 で は 結構 ある か なって いう の は 感じる

伊藤 夏美 : ああ 今 この 空気 的に あん ま 言っちゃ い けど 、 と か

岡田 涼 香 : うん 。 そう 、 なんか 立場 的に 黙って なきゃ いけない んだ な みたいな の は 結構 感じる な 日本 だ と

伊藤 夏美 : でも なんか 韓国って すごい 日本 と 似た ような 感じ で その 上下 関係 の 社会って いう 部分 で は すごい 似て る ような 構造って いう の も すごい 聞く ん けど 実際 そこら へん は やっぱ そう な の ? それとも やっぱ 結構 違う 感じ な の か 岡田 涼 香 : 上下 関係 は ね 、 韓国 の ほう が 厳しい んじゃ ない か な と 思う な

伊藤 夏美 : あ 、 ほんと

岡田 涼 香 : やっぱり あの 、 一 歳 の 年 の 差 で さえ すごい 気 に するって いう ような 国 だ から 、 そういう 人 が 多い し 、 なんか 、 まあ 人 に よって だ けど 、 なんか 早生まれ だ から なんか 、 まあ 一 歳 年 上 だ よ 、 みたいな 感じ の 人 と かも 中 に は いる し 、 まあ 人 に よって で は ある けど そういう の は 結構 上下 関係 、 年 以外 で の 上下 関係 も そう だ し 、 あと は それ こそ 、 位 、 なんて いう か あの 、 マネージャー 、 級 と か 、 そういう 感じ でも 結構 気 に … なんだろう な 、 上下 関係 は あるっちゃ ある ね 。 あるっちゃ ある けど なんか 自分 の 意見 を 言い つつ その 上 の 人 に ちゃんと くっついて いく みたいな 感じ の 人 じゃ ない と 生き残れ ない と 思う ね 伊藤 夏美 : ああ 、 なるほど ね

岡田 涼 香 : 超 難しい と 思う

伊藤 夏美 : すごい 難しい …

へ ー 、 そういう 感じ なんだ 。

岡田 涼 香 : なんか よく 韓国 で いう の が 、 センス が ある 、 センス が ない 、 と か いう の が 結構 ある んだ けど 、 なんか ちょっと した 気遣い が 使えたり と かする と 、 ああ 、 あの 子 センス ある ね 、 みたいな 感じ で よく 思わ れたい と かする の も 、 やっぱり それ も なんか 上下 関係 の 中 でも やっぱり ちょっと 重要な ポイント 。 自分 の 意見 を 言って る けど そういうふうに センス が ある んだったら オッケー みたいな 感じ の 風 に 思わ れる

伊藤 夏美 : なる んです ね 。 結構 難しい

岡田 涼 香 : 結構 大事だ と 思う 。 本当に 、 あの なんか 韓国 で よく EQって 言う んだ けど 伊藤 夏美 : EQ ?

岡田 涼 香 : その EQって 何 か IQ と 一緒で EQ 。 なんか 、 なんだ ろ 、 対応 能力 みたいな 、 みたいな の が 高い 人 の 方 が 多分 あの 生き残り やすい んだ と 思う

伊藤 夏美 : なるほど ね 。 人当たり が 良くて コミュニケーション 能力 が 高い ような 人 の ほう が 、 まあ すごい 上 に 行き やすい し みんな に 愛さ れる よ ね

岡田 涼 香 : うん うん 。 相手 の こと を ちゃんと キャッチ して 相手 が 求める もの を ポイント で 伝えられる 人 と か の ほう が 需要 が ある と 思う 伊藤 夏美 : なるほど ね 。 まあ 、 そういう ところ で 考える と すごい やっぱ 日本 すごい 近い し なんか 文化 的に も 、 まあ 同じ アジア だ から はた から 見る と なんか すごい 似て る んじゃ ない か 、 みたいな 。 その 国 で しか 喋ら ない 言語 しゃべって る 同士 の 国 だ から 、 同じ ような 国なん だろう なって いう 感じ に 見えて も やっぱり すごい 中目 は 違う んだ ね

岡田 涼 香 : けっこう 違うったり 、 本当 よく 言わ れる の が さ 、 近くて 遠い 国 と か さ 、 結構 言わ れちゃ う 。 でも 本当に そんな 感じ が する ね 。 ぱっと 見 近い けど 実際 奥深く まで 入って みる と 結構 違う ね ー みたいな の が ある かな

伊藤 夏美 : なんか それ に あの 韓国って イメージ 的に 全体 的に 英語 しゃべる 人 日本 に 比べて もっと もっと 多い し 、 その グローバルマインドセットって いう 部分 で 、 まあ 日本 でも すごく 言われて る けど 韓国 の 方 が 本当に ちゃん と そういう 場面 で 、 何 だろう 、 ちゃんと 発言 できたり と か なんか ちゃんと 活躍 して いる ような 人 が イメージ が 私 は ある んだ けど 岡田 涼 香 : 確か なんか 言語 の こと で 言う と それ こそ 韓国 の マーケットって やっぱり 狭い じゃ ん 。 そう する と やっぱり 外 に 出る こと を 一 番 に 考えて いる から 、 そう する と 今 の 時代 だったら 英語 喋れる なんて 当たり前だ し 英語 使える の は 当たり前だ し 、 英語 + 中国 を と か 日本 語 と か 。 最近 中国 語 も 日本 語 も できる と 人 いっぱい いる から 全然 違う 言語 し なきゃ いけない と か 言う ので なんか もう 二 、 三 カ国 を 喋れる の は もう 当たり前 、 使える の 当たり前です 、 みたいな 感じ で 。 そんなに 需要 が 高まって いる わけで は ない らしい 、 最近 は 。

伊藤 夏美 : あ そうな んだ 。 英語 自体 も ?

岡田 涼 香 : そうそう 、 なんか その 英語 できる の は もう 当たり前だ から 、 出来る から な んです かっみたいな 、 日本 語 できる から な んです か 、 みたいな 。 だから 他 は もっと ない です か ? みたいな

伊藤 夏美 : あー 、 当たり前 すぎて

岡田 涼 香 : そう そうそう そう 。

伊藤 夏美 : あー そう な んだ

岡田 涼 香 : だ から 本当に レベル が 結構 高い と 思う 。

伊藤 夏美 : でも 逆に あれ 、 韓国 に 住み 移って くる 外国 人 と かって 結構 多い の ?

岡田 涼 香 : そうです ね 。 やっぱり 韓国 も それ こそ 言語 の 問題 と か ある と やっぱり ネイティブ に 頼ら なきゃ いけない と 部分 と か ある じゃ ん 。 それ こそ 一 番 韓国 で 需要 が ある の が 外国 人 の マーケッター 、 マーケティング するって なる と やっぱり 現地 の こと を よく 知って ない と いけない からって なる と やっぱり に 入って いく を を 使う こと が 多いって いう ふうに は 言われて る ね 伊藤 夏美 : そう な んだ

岡田 涼 香 : そう する と やっぱり 外国 人 の 人 が 多かったり 、 あと は ほんとに 、 あの 言語 教師 、 教えて くれる 先生 と か やっぱり ネイティブ の 人 が 少なからず い なきゃ いけない から みたいな 感じ で 外国 人 多かったり も する ね 。

伊藤 夏美 : なるほど ね 。 でも ま ぁ 、 全然 英語 しか 喋れ ない 人 でも 韓国 行って も 問題 ない よ ね

岡田 涼 香 : 逆に 英語 だけ だったら それ で なんか ネイティブ です みたいな 感じ の 人 だったら 全然 オッケー 、 むしろ 歓迎 さ れる ぐらい

伊藤 夏美 : あ 、 歓迎 さ れる んだ

岡田 涼 香 : そう 、 英語 だけ で ペラペラ です みたい のだ と 結構 歓迎 されて 、 それ こそ も 、 あの 私 の 知り合い の お 姉さん の 旦那 さん が カナダ の 人 な んだ けど 25 年 くらい 韓国 住んで たかな ? でも 韓国 語 全然 喋れ ない みたいな

伊藤 夏美 : そんなに 住んで る の ?

岡田 涼 香 : そう 、 息子 も いる んだ けど 、 全然 韓国 しゃべれ ない みたいな 、 人 も いる けど 、 なんか 生きて いける みたいな

伊藤 夏美 : 逆に すごい

岡田 涼 香 : なんか それ こそ ちょっと ブラック な とこ だ と 、 なんか 韓国 の 中 でも やっぱり 国 に 関して この なんか 順位 的な の が やっぱり あって 英語 圏 だ と やっぱり どこ の 国 でも そう だ けど 統合 さ れ やすい から 英語 だけ 喋れれば 、 まあ 生きて いけちゃ う 、 みたいな 感じ も ある けど 、 だけど なんだ ろ 、 ちょっと 貧困 の 国 と か そういう ところ だ と やっぱり あんまり 重宝 さ れ ない から あんまり 対応 は 良く なかったり と かする ね 。 やっぱ 国 ごと に そういう ジャパン の 差別 じゃ ない けど と か は 結構 ある ね 伊藤 夏美 : ああ 、 なるほど ね 。 なんか まあ いろいろ ある の か 。

岡田 涼 香 : うん 。 結構 ね 、 そういう ところ で ブラック な と かね 結構 ある よ 。 話せば 。 話して いい の かわか ん ない けど

伊藤 夏美 : でも 韓国って なんか すごい 、 なんだ ろ エンタメ と か そういう 部分 ですっご い 進んで る し 、 なんか クラブ と か もうすっご い 楽しかった し 、 私 も 行った とき に 。 超 楽しかった

岡田 涼 香 : よかった

伊藤 夏美 : だ から そういう なんか やっぱり 日本 と すごい 近い の に なんか すっご い 違う 国なん だ なって いう の は 感じた 岡田 涼 香 : やっぱり 日本 より は すごい 競争 社会って 感じ 。 エンタメ と かも 、 それ こそ 何 だろう 、 負け ない ように 他の 人 に 負け ない ようにって いう の が まず 大 前提 に ある から そう する と 歌 も 上手く なきゃ いけない し ダンス も 上手く なきゃ いけない し 綺麗じゃ なきゃ いけない し スタイル 良く なきゃ いけない し 、 みたいな の が やっぱり 必ず 付いて くる じゃ ん 条件 的に 。 そう する と やっぱり レベル が 上がって くる 。 もう ほんと 競争 社会

伊藤 夏美 : なるほど ね 。 逆に その 競争 社会 も なんか すっご い 怖い なあ と 思う けど きれいな 人 も 多い し 、 すごい その 美 に 対して の 意識って いう の も すっご い 高い し 、 そこ で の 競争って なんか すごい 精神 的な プレッシャー と かも なんか すごい なって 。 そこ で 仕事 して 生きて た の が すごい なって いう の は 思う

岡田 涼 香 : いやで も なんか ね 、 私 は 多分 合って た から 、 韓国って いう 国 が 多分 合って た から 大丈夫だった んだ と 思う 。 なんか もし それ こそ よく 聞く の が 留学 で 韓国 行って みた けど なんか やっぱり 実際 に 住むって なる と 私 は 違いました 、 みたいな 感じ の 人 も 結構 いる みたいで 別に それ は それ で いい と 思う の ね 、 合わ ない んだ から 。 しょうがない し 。 で なんか 、 それ が たまたま 私 の 場合 は 韓国 が 合った から 行き やすく まあ 幸せに ハッピーに 生きて こ れた から 、 まあ 多分 私 に は 多分 合った んだ と 思う

伊藤 夏美 : なるほど ね 。 じゃあ 将来 的に は さ 、 どこ に 住みたい ? 岡田 涼 香 : いや ー これ さ 、 よく 言う んだ けど さ

伊藤 夏美 : 私 も よく 聞か れる

岡田 涼 香 : 近場 だ と さ 、 なんか なんだ ろ 、 ほんと 50 代 と か まで と か だったら 全然 韓国 に 住みたい けど おばあ さん に なった とき に 、 なんか こう ゆっと り ゆとり の ある 暮らし を し たくて 、 なんか その さっき も 言った んだ けど 、 オーストラリア で おばあ さん に なったら お 弁当 屋 さん やり たくて 伊藤 夏美 : オーストラリアって 結構 広い よ 岡田 涼 香 : それ も なんか 田舎 で いい の 。 もう なんか 草っ原 みたいな ところ で 伊藤 夏美 : 草っ原 ? !

岡田 涼 香 : おっきい お家 建てて 、 なんか 暇 が あれば 弁当 を 作って 、 多分 なんか もう 本当な んだろう 伊藤 夏美 : 自給 自足 の 生活

岡田 涼 香 : そう 、 ちょっと 自給 自足 し ながら なんか 毎日 なんか お 弁当 を 売る んじゃ なくて ちょっと 今日 は 時間 が ある から 売ろう みたいな

伊藤 夏美 : 優雅だ ね

岡田 涼 香 : ちょっと 適当な 感じ の 老後 を 生きたい 。 伊藤 夏美 : なるほど ね 。 じゃあ 、 は 今 は 韓国 、 日本 より も 韓国 の ほう が いい けど 、 ま ぁ 老後 と か 先 は 別に 韓国 じゃ ない ところ でも 全然 いい 、 みたいな

岡田 涼 香 : そうだ ね 。 そう だ ね 。

伊藤 夏美 : うーん いや 、 なるほど ね 。 将来 の どこ に 行く か 楽しみだ ね

岡田 涼 香 : ね 。 どこ に 行く んだろう 。 と か 言って 全然 違う 国 に 行って たり と か 全然 あり 得る と 思う 。 なんか 中国 の ほう が 良かった です と か 。 と か 言って 、 でも 中国 も なんか 興味 ある から 。 そう 。

伊藤 夏美 : 確かに

岡田 涼 香 : 違う と こと かも 行って みたい けど 、 やっぱり 心 が 落ち着く が 韓国 か なって 感じ か な 、 私的に は 伊藤 夏美 : まで も 日本 も アジア の 一 つ の 国 で 色 んな 国 近い し 、 で もめっちゃ 他の 国 と すごい 違う から 他の アジア の 国 も やっぱり 面白い な と は 私 も 思う 岡田 涼 香 : そう ね 、 アジア 似て て 違って いい よ ね

伊藤 夏美 : ね 。 まあ 、 だから 端 から 見たら みんな アジア 人 で みんな 同じでしょって 感じ だ けど やっぱり まあ いろいろ 違う から 。 え 、 言語 学ぶ とき に は その カルチャー の 違い と か を すごい 理解 した うえ で の 方 が やっぱり 学習 は 早い と 思った ?

岡田 涼 香 : それ は 絶対 入る と 思った ね 。 やっぱり 文化 が さ を 知ら ない と さ 、 なんか それ こそ 何 か 中国 と 韓国 比較 した とき に 何 か 中国 と かって ご飯 食べる とき いただきます と か さ 、 言わ ない みたいじゃ ん ? なんか そういう

伊藤 夏美 : 確かに 本当に そのまま 食べます 、 みたいな 岡田 涼 香 : そう そう 。 なんか そういう 文化 自体 を 知ら ない と 、 日本 は さ 、 いただきます が ある から さ 、 いただきます = 韓国 で こう だ と か 分かる けど さ 、 なんか そういう なんか 文化 的な 、 何 だろう 、 ベース を 知って から 学んだ 方 が 絶対 に 早い し 染み込み やすい と 思う 。 体 に

伊藤 夏美 : 確かに ね 。 言語って 文化 が ある 上 で 岡田 涼 香 : そう そう そう そう

伊藤 夏美 : 成り立って る ような もん だ し

岡田 涼 香 : ね 。 しかも なんか どんどん さ 韓国 だ と すごい ね 、 新しい 言葉 と か なんか 若者 が 使う 新しい 言葉 と かする と すごい いっぱい 出て くんだ よ

伊藤 夏美 : あー 流行 の スラング 、 じゃ ない けど

岡田 涼 香 : そういう の 、 そうそう そう 。 そういう の は やっぱり 、 あの 何 、 文化 を 知ら ない と 韓国 人 でも 分 かん ない ぐらい だ から 。

伊藤 夏美 : まあ 日本 人 でも 日本 の 若者 言葉 が 分か ん ない もん ね

岡田 涼 香 : そうそう 、 分か ん ない んだ よ 。 でも なんか それ を ちゃんと か 無事 使いこなせ なきゃ いけない わけじゃ ない けど 、 なんか そういう の を

伊藤 夏美 : トレンド みたいな

岡田 涼 香 : そうそう 、 知る の も 全部 さ 、 韓国 語 で さ 、 韓国 を 検索 し なきゃ いけなく なる じゃ ん 。 そう する と やっぱり 能力 的に も 付く し 、 そういう の もう 多分 興味 を 持って 調べたり と か 身 に つける の も 、 多分 若い 子 と か だったら 全然 いい と 思う 。 うん 。

伊藤 夏美 : 確かに ね 。 いや ー 、 近い 国 だ けど めちゃくちゃ 違 く て

岡田 涼 香 : そう ね

伊藤 夏美 : 深い な と は 思う

岡田 涼 香 : そう ね 、 深い と 思う 。 本当に 深い と 思う 。 全然 、 なんか 知れば 知る ほど ああ 、 違う んだ 、 なんか 、 他国 な んだ な と 思う

伊藤 夏美 : 確かに 確かに 。 いや でも 今日 は ちょっと いろいろ 韓国 話 が 聞けて 面白かった

岡田 涼 香 : よかった

伊藤 夏美 : 私 は 韓国 語 喋れ ない から 、 英語 しか 、 英語 と 日本 語 しか 。 だから ちょっと 機会 が あったら … いや 、 韓国 行って みて すごい 面白かった から 喋れたら めっちゃ 楽しい んだ なって 岡田 涼 香 : 喋れたら めっちゃ 楽しい よ ! 超 楽しい よ !

伊藤 夏美 : 頑張って 勉強 して みます 岡田 涼 香 : 頑張って ください !

伊藤 夏美 : はい 、 じゃあ 今日 は ちょっと あの 短い 時間 だった けど ありがとう ございます !

岡田 涼 香 : ありがとう ございました !

伊藤 夏美 : は ー い じゃ あまた の 機会 待って ま ー す !

岡田 涼 香 : はい !

Leave a Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s