Introducing our Japanese tutor Emma

Study the transcript of this episode as a lesson on LingQ, saving the words and phrases you don’t know to your database. Here it is!

S : こんばん は 、 エマ さん 。

S : こんにち は 。

いま はじめて 、 私 が 生徒 と して 、 Learner と して 、 エマ さん の 教室 に まいり ました 。

E : はい 、 緊張 し ます ね 。

S : 私 も 緊張 し ます 。

ほんとに うち の LingQ で チューター して くださって ね 、 大変 どうも ありがとう ございました 。

E : いえいえ 、 こちら こそ 。

S : 今 は まだ ね 、 LingQ で Tutor の そういう ディスカッション です ね 、 会話 、 日本 語 の 会話 に 参加 して る 人 が 少ない んです ね 。

E : そうです ね 。

S : ぜひ もっと たくさんの 人 が 参加 して ほしい です ね 。

E : そうです ね 。 でも パーソナルチューター に 私 を 選んで くれて る かた が いる ので 、 いつか そういう 方 たち と も 話し して みたいな ー と 思って ます 。

S : そうです ね 。

案外 です ね 、 日本 語 を 勉強 して る メンバー です ね 、 会員 さん 、 多い んです よ 。

E : はい 、 なんか ブラジル の 方 が すごい 多い なぁ と 思って 、 なんで だろう と 思って る んです けど 。

S : あの ね 、 ブラジル の 方 が 多い の は です ね 、 まず もともと ブラジル の 人口 は 多い です 、 それ が 一 つ です よ ね 。

E : はい 、 日系 の 人 が 多い 、 S : だけども 、 日本 語 勉強 して る 人 で 日系 人 だけ じゃ ない んです ね 。

例の マイロ さん です ね 。

うち の ポルトガル 語 の チューター も 。

マイル さん 、 非常に 流暢に 日本 語 話せ ます けれども 、 日系 人 じゃ ない んです よ ね 。

だから 一 つ は もともと 人口 が 多い と 同時に です ね 、 偶然 です ね 、 ある 程度 人気 の ある ブロガー が 、 うち の LingQ を 発見 した わけです よ 。

そして 自分 の ブログ で それ を 紹介 した んです よ 。

こういう ウェブサイト を 見つかり ました 。

無料 で いろんな 言葉 を 勉強 でき ます よ 、 と 。

そして もう 何 千 人 も の ビジター が です ね 、 突然 うち の ウェブサイト に 来た んです よ 。

E : すご ー い 。

やっぱり 広告 は 大切 です ね 。

S : そう です 、 そう な んです よ 。

で 、 だけども 、 広告 より も 、 そういう 。

E : そういう 、 なんて いう の 、 えー っと ね 、 口コミ 。

S : 口コミ 、 英語 で いう Word of mouth です よ ね 。

だから 、 第三者 が うち の ウェブサイト を 見つかり ます と ね 、 発見 し ます 、 自分 の その メンバー に 紹介 し ます と それ が 非常に 影響 力 あり ます 。

E : そうです ね 。 S : ブラジル 人 、 他 に も ヨーロッパ 人 と か アメリカ 人 、 中国 人 も 、 日本 語 を 勉強 して る 人 も けっこう いる と 思い ます ね 。

E : はい 。

S : 日本 語 は 難しい でしょう か ね ?

E : 難しい んじゃ ない か な 、 と 私 は 思って る んです けど 、 と いう の は 、 やっぱり 文章 で 勉強 する 言葉 と 、 実際 に 日本 人 の 人 が が しゃべって る 言葉 が 違う ので 、 最初 は 難しい んじゃ ない か な と 思い ます 。

S : そうです ね 、 そう な んです よ 。

最初 の 間 は です ね 、 アナ さん も たくさん やさしい 日本 語 の コンテンツ 、 内容 を 作り まして 、 それ を LingQ の 店 です よ ね 、 図書 館 に 入れ ました よ ね 。

そういう わりと やさしい 日本 語 の 場合 は それ ほど の 差 は ない でしょう ね 。

E : あぁ 、 そう です ね 。

S : だんだん 深く 入り ます と やはり この 話し言葉 と 正式 な 言葉 と か 丁寧 な 言葉 と いろいろ あり ます ね 。

E : 私 、 スティーブ さん に 聞き たかった の が 、 日本 語 を 勉強 する とき に 、 ローマ字 から 勉強 する の って あまり よく ない んじゃ ない か なって 最近 私 思って る んです けど 、 スティーブ さん は 最初 は 何 から 勉強 はじめ ました ?

ひらがな ?

から はじめ ました ?

S : 最初の 最初 は やはり ローマ字 を 見 ない と 発音 でき ない んです よ ね 。

だ けれども やはり できる だけ 早く ひらがな 、 で 、 その 私 が 勉強 した 当時 に です ね 、 長沼 と いう 先生 の 本 が あった んです よ 。

そこ で 、 とにかく たくさんの いろんな 違った 内容 です ね 、 日本 の いろんな 古い 話 と か 、 ま 、 それほど 面白く なかった けど ま ぁ しょうがない 、 それ しか なかった んです よ 。

それ が 全部 ひらがな で 書いて あった んです よ 。

E : あー 、 なるほど 。

S : だ から 私 の 意見 は ね 、 できる だけ 早く 、 この 言葉 の 環境 に 、 味 と いう か 、 ムード 、 すべて 、 できる だけ 早く 入った ほう が いい です よ 。

E : そうです ね 。 なんか ひらがな が わかる ほう が 発音 が もっと 簡単に なる んじゃ ない の か な と 思って て 、 なんか ローマ字 を 読もう と する と 日本 語 の 発音 が 難しい んじゃ ない か と 思う んです けど 。

S : 私 が 日本 語 と か 中国 語 と か 、 ロシア 語 と か 韓国 語 、 みんな 書き 方 違い ます から 、 要は ね ー 、 聞いて まね する んです よ 。

別に もう 読んで 、 だから ローマ字 でも 発音 だけ で いえば ね ローマ字 で も いい んです よ 。

と いう の は 、 聞いて まね する 、 そして 読む の は なるほど 、 なるほど 、 だ から 読む の が ね 、 それ は 大事な んです よ 。

読む の は 記憶 の ため に 非常に いい んです よ 。

だけども 発音 だけ です と 、 同時に 聞く 、 聞いて 読んで する こと も あり ます けど 読ま ないで ただ 単に 聞く 、 まね する 時間 が 多い んです よ 。

E : なるほど 。

S : だ から どういう 文字 でも かまい ませ ん 。

ただ いずれ ひらがな 、 新しい 文字 です と ね 、 ロシア 語 でも 中国 語 でも なんでも 、 それ 読む たび に その 能力 と いう か 、 それ を 消化 する 能力 が よく なる から 最初 から できる だけ 早く 新しい 、 最初 は 難しい 頭 が 疲れる 、 目 が 疲れる 、 それ に できる だけ なれる ように し ない と だめな んです よ 、 私 の 考え 方 。

E : そうです ね 。 はい 。 S : それ で 私 の 場合 は ね 、 カタカナ は 苦手 な んです よ 。

E : あー 、 私 も 苦手 。

S : 最初 から ひらがな 、 私 は 中国 語 から 来て ます よ ね 、 だから 漢字 の 意味 は わかって た んです よ 。

書き 方 も わかった わけです よ 。

だから ひらがな も たくさん 読んで 漢字 も だいたい 、 どちら か と いう と わかり やすかった んです よ 。

中国 語 の 背景 が あった ため に 。

だから カタカナ は どうしても なれ ない し 、 読み たく ない 、 読み たく ない から 読ま ない 、 だから いつまで たって も 慣れ ない 、 だから いま でも カタカナ は 苦手 です 。

E : 苦手 。

S : だ から そう な んです よ 、 だから それ は やはり 日本 語 の 難し さ の 一 つ です ね 。

もう 一 つ は 今 生徒 から 見て ね 、 何 が 難しい か と いう と ね 、 日本 語 の 場合 は ね 、 最初 始まった とき に 、 で 、 それ は たぶん 日本 語 だけ じゃ ない けども 、 あるいは 日本 語 は とくに そう だった かも しれ ない 、 言葉 が ね ー 、 みんな 似て ます 。

” わかり ます 、 かわり ます 、 わかり ました ”、 みんな 、 なんか 似た ような 発音 の もの が 非常に 多い 。

で 、 もちろん あと 慣れて くる と ね 、 わかり ます 、 かわり ます は 一緒 じゃ ない わけです よ ね 、 ただ 、 始まる とき は 、 それ は 非常に confuse 、 混乱 し ました 。

E : そう な んだ ー 。

面白い です ね 。

S : ただ 言葉 の 勉強 の とき は です ね 、 最初 は すべて 難しい 、 E : 難しい です ね 。

S : すべて が 不透明 、 すべて が 明らか じゃ ない 、 わから ない 、 むずかしい 、 だけども 、 やはり だんだん と 明らか に なる 、 自然 的に なって くる 、 わかり やすく なって くる 、 それ 信じて やら ない と ダメな んです よ 。

E : はい 、 私 も ドイツ 語 を 頑張らなきゃ。

S : 今 ドイツ 語 です ね 。

E : すっごい サボり 気味 です S : やめ ないで もう 続ける しか ないで す 。

E : はい 、 わかり ました 。

S : さらに わかり にくく なる こと は ない んです よ 。

さらに 悪く なる んじゃ ない んです よ 。

E : 確実に よく なり ます もん ね 。

S : そうです 。

E : がんばり ます 。

S : たとえば 仮に 雨 の 中 で ね 、 たとえば 交通 ストライキ だ と し ます か 、 だから 電車 が ない 、 地下鉄 が ない 、 雨 が 降って ます 、 そして タクシー が 来 ない 、 そして 雨 が 降って る 、 もう 5 時 、 夜 6 時 、7 時 。

どう やって いつ 家 に 帰る か わから ない 、 そういう とき も あり ます でしょ ?

私 に は そういう の が たくさん 、 たとえば 、 車 が 故障 し ました 、 どこ か 田舎 、 故障 し ました 、 どう なる か 。

一 つ カナダ の 冬 、 零下 30 度 、 車 が 故障 に なって 、 もう どう しよう か 、 そして 、 なんとか カー が こない です よ 。

もう どう なる か 、 その 、 いい ほう に これ が 終わる か どう か です ね 、 非常に 、 どう やって これ 解決 できる か 、 って ね 、 それ に くらべて 、 言葉 の 勉強 は 着実 。

ほんとに 着実 。

そんな 心配 は 要ら ないで す 。

着実 。 E : はい 。 S : はい 、 そう です か 、 じゃ ぁ 生徒 は まだ 少ない です ね 。

E : 少ない です ね 。

S : 私 が 今 、 日本 語 を 勉強 を 、 もう 一 度 最初 から 勉強 し なおす と すれば です ね 、 エマ さん の ように 明るい 先生 が ほしい です ね 。

E : ありがとう ございます 。

S : どんな テーマ でも 我々 は いろいろ 話して き ました ね 、 犬 から 家 の 建築 まで 。

E : そうです ね 、 最近 ね 、 家族 が 増えた んです よ 。

S : そう です か 。

E : はい 、 にわとり が 増えて 犬 4 匹 と にわとり 1 羽 です 。

S : この 、 ニワトリ 1 羽 、 これ も 面白い です ね 。

日本 語 の 場合 は 。

犬 は な んです か 。

E : 犬 は 1 匹 2 匹 、3 匹 。

S : そうです ね 、 しかし ニワトリ は 一 個 じゃ ダメです ね 。

E : 一 個 じゃ だめ です ね 。

S : 一 羽 。

どんな にわとり です か ?

E : 白い にわとり な んです けど 、 海 に 捨て られて た んです よ 。

それ を 拾って きて 今 飼って ます 。

S : それ は もともと 野生 の ?

E : いや 、 野性 の ニワトリ は ここ ら へんに は い ない ので 、 誰 か が 捨てた んだ と 思う んです けど 、 S : そう です か 、 いま 元気です か ?

その にわとり 、 E : 元気 です 。

で 、 拾って きた ニワトリ が 男の子 だった んで 、 ニワトリ 飼う のに 卵 を 産んで くれ ない と つまらない ので 、 また 女の子 の にわとり を 飼おう か と 思って い ます 。

S : そう です か 、 もう ほんとに 動物 園 に なり ます ね 。

E : 動物 園 に なり ます ね 。

S : そうです ね 、 あの ね 、 この チューター の 仕事 で です ね 、 うち の チューター の 中 で 割と 上手に 人 を 呼んで その 生徒 を 呼んで る 技術 を 持って る の は ジュリー な んです よ 。

ジュリー の ディスカッション に 参加 した こと あり ます か ?

E : まだ ない んです よ 。

S : 彼女 の イベント を 少し 見て ね 、 彼女 は いろんな 方法 で です ね 、 工夫 して この ディスカッション を 面白く して る わけです よ 。

彼女 の ディスカッション は 割と 人気 が あり ます 。

E : なんか そんな 感じ です よ ね 。

S : ま ぁ いずれ われわれ も イベント セクション を すこしずつ 改善 して いって 、 そして うち の コミュニティー の いろんな 、 な んです か 、 日本 語 で 、 Interactivity 、 お互い の その ふれあい と いう か それ を もっと 簡単に 面白く できる ように サイト も 少しずつ 直して ます から 。

あきらめ ないで 、 続けて 、 ディスカッション の イベント を ポスト して ください 。

当分 の 間 は 誰 も 来 なくて も いい から 続けて ポスト して ください 。

そして 少しずつ 人 が 来て 、 楽しくて 、 また 、 もう 一 つ は これ は どの くらい 時間 かかる か 知れ ませ ん けれども 、 だれ か 一 人 が イベント に 参加 した とき に 友達 を 同じ イベント に 招待 する こと も 可能に なり ます から 。

それ が メンバー の 人 でも メンバー で ない 人 でも 招待 する ような こと も 考えて い ます 。

いろんな 形 で です ね 、 うち の コミュニティー も 活発 に なる ように だんだん と サイト 作って です ね 、 それ から Ling ?

自体 も 早く なり ました でしょ 。

E : 早く なり ました 。

びっくり し ました 。

S : そして いろいろ 改善 し ます から たくさん たくさん 改善 項目 が あり ます 。

そう し ます と 時々 ユーザー から 不満 が 、 これ は もっと こう ゆう ふうに でき ませ ん か と か 、 いろいろ ある けれども 、 すべて でき ない し 、 また いわゆる 順番 が ある わけです よ 。

それ が いい アイデア であって も ね 、 それ より も もっと 大切な 項目 が たくさん ある 、 だけど 我々 も あきらめ ませ ん から 、 エマ さん も 続けて イベント ポスト して ください 。

E : はい 、 わかり ました 、 期待 して ます 。

S : なに か 質問 と か あり ます か ?

E : え 、 大丈夫です 、 それ 私 の せりふ です ね 。

私 が 先生 だ から 。

S : そうです ね 、 そう です 、 今日 は 特に 、 私 が わりと 日本 語 で 通じ ます けども 、 必ず たくさん mistake も 失敗 あり ます から 、 必ず これ 、 直して ください 。

E : はい 、 わかり ました 。 S : そして 、 どんな レベル でも 、 この ポッドキャスト を 見て る 人 、 うち の メンバー でも 、 あるいは 、 これ から メンバー に なり たい 人 、 ぜひ 、 リンク に は いって 、 そして エマ さん の ディスカッション に 参加 して ください 。

E : はい 、 よろしく お 願い し ます 。

S : よろしく お 願い し ます 。

じゃ お 休み なさい 。

E : はい 、 お やすみ なさい 。

Leave a Comment

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s